INTERVIEW

社員インタビュー

プログラマ

表現したいことが

より楽しく表現できるソフトウェアに

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q1 Live2Dに就職しようと思ったきっかけは何ですか?

学生時代は「技術で人の役に立ちたい」、「新しいことに挑戦したい」という気持ちが強く、情報技術系のサークルを立ち上げて勉強会やゲーム制作などを行っていました。
ある日、たまたま参加した展示会でイラストが原画そのままのクオリティで動くという技術のデモを見て、ものすごい驚きと感動を覚えたんです。
それがLive2Dとの出会いで、それからはすぐにアルバイトとして応募をして、卒業後はそのまま新卒として正式に入社するという運びでした。
入社の決め手としては会社の雰囲気が自分に合っていたことはもちろんで、「日本発の技術で世界と勝負する」という代表のお話に共感して就職を希望しました。

Q2 業務内容について教えてください

製品開発グループのプログラマとして、Live2D Cubismの開発を行っています。
映像制作向け機能の研究開発や、それらを製品に落とし込むための実装など、新機能の開発をしています。
また、社内のLive2Dデザイナーチームにヒアリングを行って不具合や機能の改善を行ったりなんかもしています。
同じ業務はほとんどなく、研究した機能によっては特許の出願を行うケースもあったりして、常に目新しい物事に出会えるのでエンジニアとしては刺激のある日々を送れて嬉しい限りです(笑)

Q3 やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

ユーザーが難しいと感じた部分を、私たち開発者が技術的に解決してあげることが出来たときはやりがいを感じますね。間接的ではあっても、そうやってユーザーの作品制作に関われるというのはやっぱり嬉しいですよ。
製品の構造上の課題や、ユーザーが利用するときの制作効率や表現力のバランスを取りながら、各互換性も保ちつつ新機能を追加していくというのはまるでパズルをやっているようで、考えて頭を悩ませることも多い分、学ぶことも多いなと感じます。
難しければ難しいほど実装がうまくいったときの達成感や、一般のユーザーや社内のデザイナーチームから機能について好評をいただいたときのあの感覚は、他の何物にも代えがたい最高の瞬間です!

Q4 一番印象に残っている・思い入れのある出来事はありますか?

一番というのは難しいですが、「イラストを原画のクオリティのまま動かす」という他にない技術を扱っているだけに、小さな機能追加から製品の大型アップデートまでどんなことでも印象深く残ってますね。
Live2Dデザイナーやクリエイターからフィードバックを受けて、機能の研究開発を行い、実際の作業現場でその機能が使われるというのは、ほかではなかなか体験できない貴重な体験だと感じています。

Q5 社内環境について教えてください

スタッフは何かしらのオタクといいますか、こだわりがあったり個性的な方が多くいる印象です。会社の方針は、スタッフを大切にし、業務効率化のためなら良いものを取り入れる姿勢なので改善の提案もしやすく検討も早いです。
スタンディングデスクの導入や、二酸化炭素濃度の計測なんかも行っていて、社員の健康面にもすごく気を遣ってもらっている印象がありますね。
クリエイティブタイムという定時後週に5時間まで社内で自由に勉強や実験などに活用できる制度があるのですが、そういった社員のスキルアップなんかにも会社として積極的にサポートをしてくれるのでありがたいですね。

Q6 今後の目標をお聞かせください

制作効率や表現力についての課題を解決し、Live2Dデザイナーやクリエイターにとって、表現したいことがより楽しく表現できるソフトウェアにしたいです。
新しい表現には必ずと言っていいほどに技術的な課題があるので、実用化に向けて乗り越えなければならない壁も多くありますが、日本発で世界を驚かすような技術を生み出すためにこれからも精進します!